「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問1」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問1

任意のオペランドに対するブール演算Aの結果とブール演算Bの結果が
互いに否定の関係にあるとき、
AはBの相補演算であるという。
排他的論理和の相補演算はどれか。

解説

相補演算とかブール演算とか難解そうな言葉を使っているけど、結局問われているのは「排他的論理和の否定の図ってどれ?」と聞いているだけである。

だから、排他的論理和が分かればこの問題は解ける。

排他的論理和はAとBが同じ場合には0を出力する奴である。
ベン図的に言うと、XとYが共通している箇所に色が付いていない奴である。その逆である。

つまりはアが正解である。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ