「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問79」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問79

下請代金支払遅延等防止法において、親事業者の違法となる行為はどれか。

ア:支払期日を、発注したソフトウェアの受領後45日後と決めた。
イ:ソフトウェア開発の発注書面を、了解を得て電子メールで送った。
ウ:納品され受領したソフトウェアの仕様を変更したいので、返品した。
エ:納品されるソフトウェアに不具合があるので、受領拒否した。

解説

ア:支払期日を、発注したソフトウェアの受領後45日後と決めた。
→契約の問題なのだから、支払期日の決定は問題ないだろう。別に45日後なら妥当だろうし。

イ:ソフトウェア開発の発注書面を、了解を得て電子メールで送った。
→契約のやりとりが正しくできているのならば、電子メールでもいいだろう。

ウ:納品され受領したソフトウェアの仕様を変更したいので、返品した。
→こんなことを許してしまっては、最初に契約した金額でいくらでも仕様変更ができることになってしまう。
仕様変更がしたいのならば、さらに金額を積むのが正しい。

エ:納品されるソフトウェアに不具合があるので、受領拒否した。
→不具合の程度と契約内容によるけれど、受領拒否が絶対に違法だとは言えない。

正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ