「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問77」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問77

損益分岐点分析でA社とB社を比較した記述のうち、適切なものはどれか。

ア:安全余裕率はB社の方が高い。
イ:売上高が両社とも3,000万円である場合、営業利益はB社の方が高い。
ウ:限界利益率はB社の方が高い。
エ:損益分岐点売上高はB社の方が高い。

解説

まず、それぞれの用語の説明と計算方法を示す。
つーか、それが分からないと解けない。

安全余裕率
実際の売上高と損益分岐点の差がどれくらいあるかを示し、
この値が高いほど経営に余裕があることを意味する。
(売上高-損益分岐点売上高)÷売上高×100

損益分岐点売上高
売上高と費用の合計が等しく利益が0になる売上高を示す。
固定費÷(1-変動費率)

限界利益率
売上高に対する限界利益の割合を示す。
(売上高-変動費)÷売上高×100

選択肢アの妥当性を確かめたいが、安全率を知るには損益分岐点売上の値が必要なので、
まずはそれを計算する。

さらに損益分岐点売上高には変動費率が必要なので、それも計算する。

変動費率
変動費率=変動費÷売上高
A:800÷2000=0.4
B:1400÷2000=0.7

損益分岐点売上高
固定費÷(1-変動費率)
A:900÷(1-0.4)=900÷0.6=1500
B:300÷(1-0.7)=300÷0.3=1000

安全余裕率
(売上高-損益分岐点売上高)÷売上高×100
A:(2000-1500)÷2000×100=500÷2000×100=25
B:(2000-1000)÷2000×100=1000÷2000×100=50
よって安全余裕率はBの方が高い。

正解はア

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ