「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問75」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問75

ワークサンプリング法はどれか。

ア:観測回数・観測時刻を設定し、実地観測によって観測された要素作業数の比率などから、統計的理論に基づいて作業時間を見積もる。
イ:作業動作を基本動作にまで分解して、基本動作の時間標準テーブルから、構成される基本動作の時間を合計して作業時間を求める。
ウ:作業票や作業日報などから各作業の実績時間を集計し、作業ごとに平均して標準時間を求める。
エ:実際の作業動作そのものをストップウォッチで数回反復促成して、作業時間を調査する。

解説

ワークサンプリング法とは、観測回数・時刻を設定し、実際に観測し、観測された要素作業数の比率などから統計理論を使用して作業時間を見積もる手法である。

ワークサンプリング法は、値の設定をして、実際にやって、実施結果から統計で予測するのである。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ