「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問74」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問74

ビッグデータ分析の手法の一つであるデシジョンツリーを活用して、
マーケティング施策の判断に必要な事象を整理し、
発生確率の精度を向上させた上での二つのマーケティング施策a,bの選択を行う。

マーケティング施策を実行した場合の利益増加額(売上増加額ー費用)の期待値が最大となる施策と、
そのときの利益増加額の期待値の組み合わせはどれか。

解説

一番奥の階層から利益の計算をしていき、同じ階層の場合は利益額の大きい方を優先し、一番浅い階層までそれを繰り返す作業である。

aの一番深い所は、
追加費用60億(マイナス)
発生確率0.3で200億=60億(プラス)
発生確率0.7で100億=70億(プラス)
である。
これを計算すると、70億になる。

これと同一階層に存在する売上増加額50億と比較すると70億の方が大きいので、追加費用の60億は払った方が良い、ということになる。

aの次の階層では、
aの初期費用30億(マイナス)
発生確率0.4で70億=28億(さっきの計算の結果。プラス)
発生確率0.6で120億=72億(プラス)
である。
これを計算すると、「-30+28+72イコール70」なので、70億になる。
これがマーケティング施策aの利益である。

この手順と同様にbもやっていく。

追加費用40億
発生確率0.4で150億=60億
発生確率0.6で100億=60億
なので、これを計算すると、80億

売上増加額70億と比較すると80億の方が大きい。

初期費用40億
発生確率0.3で80億=24億
発生確率0.7で140億=98億
計算すると82億

なので一番大きい利益はbの82億である。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ