「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問71」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問71

RPA(Robotic Process Automation)の説明はどれか。

ア:ホワイトカラーの単純な間接作業を、ルールエンジンや認知技術などを活用して代行するソフトウェア
イ:自動制御によって、対象物をつかみ、動かす機能や、自動的に移動できる機能を有し、また、各種の作業をプログラムによって実行できる産業用ロボット
ウ:車両の状態や周囲の環境を認識し、利用者が行き先を指定するだけで自律的な走行を可能とするレーダ、GPS、カメラなどの自動運転関連機器
エ:人の生活を同じ空間で安全性を確保しながら、食事、清掃、移動、コミュニケーションなどの生活支援に使用されるロボット

解説

回りくどい説明をしているがアが正解である。

RPAはソフトウェアであり、パソコンの単純作業をプログラムに覚えさせると、後は勝手に人間の代わりにやってくれるのである。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ