「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問69」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問69

CRMを説明したものはどれか。

ア:卸売業者・メーカが、小売店の経営活動を支援してその売上と利益を伸ばすことによって、自社との取引拡大につなげる方法である。
イ:企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画して管理し、経営の高効率化を図るための手法である。
ウ:企業内のすべての顧客チャネルで情報を共有し、サービスのレベルを引き上げて顧客満足度を高め、顧客ロイヤルティの最適化に結び付ける考え方である。
エ:生産、在庫、購買、販売、物流などのすべての情報をリアルタイムに交換することによって、サプライチェーン全体の効果を大幅に向上させる経営手法である。

解説

CRM(Customer Relationship Management)とは、和訳すれば顧客関係管理である。
つまりは顧客との関係を管理することで儲けようという発想である。

選択肢アは顧客ではなく小売店であるから違う。
選択肢イは経営資源の計画管理効率化なので違う。
選択肢ウは顧客チャネルと情報共有し、顧客ロイヤリティの最適化をするので正解。
選択肢エは経営の全ての情報を逐次交換し効果増大を狙うので違う。

正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ