「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問67」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問67

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)における”花形”を説明したものはどれか。

ア:市場成長率、市場占有率ともに高い製品である。成長に伴う投資も必要とするので、資金創出効果は大きいとは限らない。
イ:市場成長率、市場占有率ともに低い製品である。資本創出効果は小さく、資金流出量も少ない。
ウ:市場成長率は高いが、市場占有率が低い製品である。長期的な将来性を見込むことはできるが、資金創出効果の大きさは分からない。
エ:市場成長率は低いが、市場占有率は高い製品である。資金創出効果が大きく、企業の支柱となる資金源である。

解説

花形という名称なのだから、イケイケな説明になるだろうことはきっと予想できるだろう。

少なくとも、選択肢イの「低い、小さく、少ない」なんてワードが乱立する説明には該当しない。
そして、選択肢ウの「低い、分からない」なんてワードでも頼りない。

では比較するのは、選択肢アとエである。

選択肢アは「市場成長率、市場占有率ともに高い製品」なのである。つまり外面はとても格好いいのである。
だが、投資が必要だし、資金創出効果の大きさも保証できない。

選択肢エは「市場成長率は低いが、市場占有率は高い製品で」なのである。圧倒的に勝っているけど、これ以上の成長はあんまりしないので、見栄え的にはそこまで良くないのである。
だが、資金創出効果が大きいので、完全にボロ勝ち状態である。

選択肢アの外面の良さから「花形」という名称が与えられた。
選択肢エの無双状態から「金のなる木」という名称が与えられた。

よって正解はアである。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ