「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問64」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問64

定性的な評価項目を定量化するために評価点を与える方法がある。
表に示す4段階評価を用いた場合、重み及び判定内容から評価されるシステム全体の目標達成度は、
評価項目が全て目標通りだった場合の評価点に対して、何%となるか。

ア:27
イ:36
ウ:43
エ:52

解説

〔現状〕
省力化効果:重み(5)×目標どおり(3)=15
期間の短縮:重み(8)×変わらず(0)=0
情報の統合化:重み(12)×部分改善(1)=12

15+0+12=27

〔満点〕
省力化効果:重み(5)×目標どおり(3)=15
期間の短縮:重み(8)×目標どおり(3)=24
情報の統合化:重み(12)×目標どおり(3)=36

15+24+36=75

75は100の3分の4
24の3分の4は36

正解は36のイ

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ