「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問63」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問63

オープンデータの説明はどれか。

ア:営利・非営利の目的を問わず二次利用が可能という利用ルールが定められており、編集や加工をする上で機械判読に適し、原則無償で利用できる形で公開された官民データ
イ:行政事務の効率化・迅速化を目的に、国、地方自治体を相互に接続する行政専用のネットワークを通じて利用するアプリケーションシステム内に、安全に保管されたデータ。
ウ:コンビニエンスストアチェーンの売上データや運輸業者の運送量データなど、事業運営に役立つデータであり、提供元が提供先を限定して販売しているデータ
エ:商用のDBMSに代わりオープンソースのDBMSを用いて蓄積されている企業内の基幹業務データ

解説

オープンデータとは、開かれたデータである。
開かれたとは具体的に何を意味するのかというと、データを見せる対象が開かれているのである。
つまりは誰にでも見せることができたり、無償で利用できたり、二次利用できたり、という要素のどれかを満たしているのが開かれているデータである。

よって正解はア

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ