「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問60」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問60

販売管理システムにおいて、
起票された受注伝票の入力が、
漏れなく、かつ、重複することなく実施されていることを確かめる監査手続として、
適切なものはどれか。

ア:受注データから値引取引データなどの例外取引データを抽出し、承認の記録を確かめる。
イ:受注伝票の入力時に論理チェック及びフォーマットチェックが行われているか、テストデータ法で確かめる。
ウ:販売管理システムから出力したプルーフリストと受注伝票との照合が行われているか、プルーフリストと受注伝票上の照合印を確かめる。
エ:並行シミュレーション法を用いて、受注伝票を処理するプログラムの論理の正当性を確かめる。

解説

「漏れなく、かつ、重複することなく」が求められていることである。

選択肢アは承認のチェックである。
選択肢イはフォーマットのチェックである。
選択肢ウはプルーフリストと受注伝票の照合である。
選択肢エは受注伝票の処理のプログラムの話である。

ア、イ、エは明らかに違うのである。

でも選択肢のプルーフリストって何?ってなってしまうと正解への確信が持てなくなる。

プルーフリストとは、ありのままの入力データをプリントアウトしたものである。
それと受注伝票を比較することで、「漏れなく、かつ、重複することなく」が確認できる。

よって正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ