「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問59」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問59

システム監査基準(平成30年)における監査手続の実施に際して利用する技法に関する記述のうち、
適切なものはどれか。

ア:インタビュー法とは、システム監査人が、直接、関係者に口頭で問合せ、回答を入力する技法をいう。
イ:現地調査法は、システム監査人が監査対象部門に直接赴いて、自ら観察・調査するものなので、当該部門の業務時間外に実施しなければならない。
ウ:コンピュータ支援監査技法は、システム監査上使用頻度の高い機能に特化した、しかも非常に簡単な操作で利用できる専用ソフトウェアによらなければならない。
エ:チェックリスト法とは、監査対象部門がチェックリストを作成及び利用して、監査対象部門の見解を取りまとめた結果をシステム監査人が点検する技法をいう。

解説

インタビュー法とは、システム監査人が、直接、関係者に口頭で問合せ、回答を入力する技法をいう。

現地調査法は業務時間内に行う。

コンピュータ支援監査技法は、専門ソフトウェアだけでなく、他の監査技法が使用されることも許される。

チェックリスト法のチェックリストはシステム監査人が作成する。

よって正しいのはインタビュー法であるア。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ