「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問58」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問58

クラウドサービスの導入検討プロセスに対するシステム監査において、
クラウドサービス上に保存されている情報の消失の予防に関するチェックポイントとして、
最も適切なものはどれか。

ア:既存の社内情報システムとのIDの一元管理の可否が検討されているか。
イ:クラウドサービスの障害時における最大許容停止時間が検討されているか。
ウ:クラウドサービスを提供する事業者に信頼が置け、かつ、事業やサービスが継続して提供されるかがどうかが検討されているか。
エ:クラウドサービスを提供する事業者の施設内のネットワークに、暗号化通信が採用されているかどうかが検討されているか。

解説

データが消えない為に確認している観点はどれか?という問題である。

要はデータの保管をお願いする業者が信頼できるの?安心安全なの?という観点でのチェックができれば良いのである。

そうなると選択肢のウがそれに該当する。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ