「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問56」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問56

ITIL 2011 editionによれば、
7ステップの改善プロセスにおけるa,b及びcの適切な組み合わせはどれか。

解説

まずステップをまとめてみる。

ステップ1:改善の戦略を識別する
ステップ2:測定するものを定義する
ステップ3:データを収集する
ステップ4:???
ステップ5:???
ステップ6:???
ステップ7:改善を実施する

回答群としての材料は以下の通り
・情報とデータを分析する
・情報を提示して利用する
・データを処理する

回答群としての順番を問われているので、そこら辺の整合性を考える。
ステップ3はデータの収集であり、ステップ7は改善の実施である。

解答群に出てくる文言は「情報、データ、分析、利用、処理」である。
情報とデータって何が違うの?
利用と処理って何が違うの?
って話である。

回答群から推察するならば、「情報を提示して利用する」という文言はあるが、データにはそれがない。データは処理されて分析されるだけの存在である。

つまりデータは材料であり、情報は結果である。データは処理されるもので、情報は利用されるものである。

ステップ7は改善を実施するものである。何をもって改善するのかと言えば、情報を持って改善するのである。よってCには「情報を提示して利用する」が入る。

残る選択肢としては、「データの処理」と「情報とデータを分析する」の順番である。

データを処理しないままに、どうやってデータの分析をするの?という話である。

だから、先になるステップは「データの処理」である。

結論として、
「データの処理」
「情報とデータを分析する」
「情報を提示して利用する」
の順番になる。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ