「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問55」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問55

ITIL 2011 editionによれば、サービス・パッケージの説明として、適切なものはどれか。

ア:コアサービス、実現サービス及び強化サービスの組み合わせで構成された、特定の種類の顧客ニーズへのソリューションを提供する複数のサービスの集まりである。
イ:サービス・パイプライン、サービス・カタログ及び廃止済みサービスで構成された、サービス・プロバイダによって管理されている全てのサービスである。
ウ:成果物、価格、連絡先などが内容として含まれた、稼働中の全てのITサービスに関する情報を格納するデータベース又は構造化された文書である。
エ:ハードウェア、ソフトウェア、ライセンス、文書などで構成された、稼働中のITサービスに対して承認された変更を実施するためのコンポーネントの集合である。

解説

選択肢を精査する。

ア:コアサービス、実現サービス及び強化サービスの組み合わせで構成された、特定の種類の顧客ニーズへのソリューションを提供する複数のサービスの集まりである。
→「コアサービス、実現サービス及び強化サービスの組み合わせで構成された、複数のサービスの集まり」との文言から、これが正解だと考える。

イ:サービス・パイプライン、サービス・カタログ及び廃止済みサービスで構成された、サービス・プロバイダによって管理されている全てのサービスである。
→「廃止済みサービスで構成された」という文言から、これをサービス・パッケージにする訳にはいかないと考える。

ウ:成果物、価格、連絡先などが内容として含まれた、稼働中の全てのITサービスに関する情報を格納するデータベース又は構造化された文書である。
→「成果物、価格、連絡先などが内容として含まれた文書」との文言から、提案書などのイメージが湧くので、これはサービスそのものではない。

エ:ハードウェア、ソフトウェア、ライセンス、文書などで構成された、稼働中のITサービスに対して承認された変更を実施するためのコンポーネントの集合である。
→「ライセンス、文書などで構成された承認された変更を実施するためのコンポーネント」との文言から変更許諾とかの何かなので、サービスではない。

よって正解はア

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ