「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問54」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問54

プログラムx,y,zの開発を2か月以内に完了したい。
外部から調達可能な要因はA,B,Cの3名であり、開発生産性と単価が異なる。
このプログラム群から開発する最小のコストは、何千円か。

ここで、各プログラムの開発は、それぞれ1名が担当し、
要員は開発生産性どおりの効率で開発できるものとする。

また、それぞれの要員は、担当したプログラムの開発が完了する時点までの契約とする。

ア:3200
イ:3400
ウ:3600
エ:3700

解説

まず誰が一番安いかを考える。

1キロステップ当たりの単価は以下の通り
A:500
B:450
C:400

なので、Cさん一番安い訳である。よってCさんを最初に仕事に割り当てる。
とはいっても、Cさんは1月に1ステップしか仕事ができないので、2か月という期間ではプログラムxを担当させることはできない。

Cさんにはプログラムyを担当して貰うことになる。
Cさん=400×2か月=800円

次に安いのはBさん。Bさんは1月に2キロステップの仕事ができるので、プログラムxを担当させる。
Bさん=900×2か月=1800円

最後にAさん。Aさんには残ったプログラムzを担当してもらう。
Aさんは一ヶ月に2キロステップの仕事ができるので雇うのは1か月だけで良い。それでプログラムzは完成するのだから。
Aさん=1000円×1ヶ月=1000円

合計で3600円となる。

問題を見て、安い人間から優先して使われるという経済社会の掟の大変さ、みたいなものを感じなくもなかったが、よくよく考えると1月で一番稼いでいるのはAさんなのである。

どの人材になるのが一番稼げるのか、という観点から考えると、どうなのだろうか?少なくともCさんは頑張ってBさんみたいになるべきなのは確かだろう。

だがBさんがAさんになるべきなのか。それともAさんがBさんになるべきなのか。その辺が経済戦略というものなのだろう。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ