「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問52」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問52

アローダイアグラムで表される作業A~Hを見直したところ、
作業Dだけが短縮可能であり、その所要日数は6日間に短縮できることが分かった。

作業全体の所要日数は何日間短縮できるか。

ア:1
イ:2
ウ:3
エ:4

解説

まず全てのルートを洗い出す。
A→B→E→G
A→B→E→(ダミー)→H
A→C→D→E→G
A→C→D→E→(ダミー)→H
A→C→F→H

短縮前の全てのルートの所要日数を算出する。

A(5)→B(3)→E(5)→G(3)=16
A(5)→B(3)→E(5)→H(6)=19
A(5)→C(5)→D(10)→E(5)→G(3)=28
A(5)→C(5)→D(10)→E(5)→H(6)=31
A(5)→C(5)→F(12)→H(6)=28

短縮後の全てのルートの所要日数を算出する。

A(5)→B(3)→E(5)→G(3)=16
A(5)→B(3)→E(5)→H(6)=19
A(5)→C(5)→D(6)→E(5)→G(3)=24
A(5)→C(5)→D(6)→E(5)→H(6)=27
A(5)→C(5)→F(12)→H(6)=28

すると一番長い日数が掛かるのは28日であることが分かる。

短縮前の一番長い日数は31日なので、正解は3日短縮したことになる。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ