「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問50」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問50

自社開発したソフトウェアの他社への使用許諾に関する説明として、適切なものはどれか。

ア:既に自社の製品に搭載して販売していると、ソフトウェア単体では使用許諾できない。
イ:既にハードウェアと組み合わせて特許を取得していると、ソフトウェア単体では使用許諾できない。
ウ:ソースコードを無償で使用許諾すると、無条件でオープンソースソフトウェアになる。
エ:特許で保護された技術を使っていないソフトウェアであっても、使用許諾することは可能である。

解説

ア:既に自社の製品に搭載して販売していると、ソフトウェア単体では使用許諾できない。
→自社の商品なんだから、好きに組み合わせたっていいじゃないか。だからバラしたって権利に問題ないよね。

イ:既にハードウェアと組み合わせて特許を取得していると、ソフトウェア単体では使用許諾できない。
→自社の商品なんだから、好きに組み合わせたっていいじゃないか。だからバラしたって権利に問題ないよね。

ウ:ソースコードを無償で使用許諾すると、無条件でオープンソースソフトウェアになる。
→何で一回でも無償で誰かに使用許可を出したら、それ以降他社に好き勝手に使わせないといけないんだよ。厚かましい。

エ:特許で保護された技術を使っていないソフトウェアであっても、使用許諾することは可能である。
→そら自社の製品なんだから、特許だろうがそうでなかろうが、使用許諾は自社の勝手でしょう。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ