「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問49」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問49

(1)~(7)に示した七つの原則を適用して、
アジャイル開発プラクティスを実践する考え方はどれか。

(1):ムダをなくす
(2):品質を作り込む
(3):知識を作り出す
(4):決定を遅らせる
(5):早く提供する
(6):人を尊重する
(7):全体を最適化する

ア:エクストリームプログラミング
イ:スクラム
ウ:フィーチャ駆動形開発
エ:リーンソフトウェア開発

解説

リーンソフトウェア開発のこと。
リーン生産方式をソフトウェア開発に適用した手法。
リーン生産方式は「7つのムダ」の基本理念を発展させたもの。
「7つのムダ」はトヨタ生産方式が生んだもの。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ