「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問48」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問48

作業成果物の作成者以外の参加者がモデレータとして主導する役割を受け持つこと、
並びに公式な記録及び分析を行うことが特徴のレビュー技法はどれか。

ア:インスペクション
イ:ウォークスルー
ウ:パスアラウンド
エ:ペアプログラミング

解説

正解はアである。

インスペクションとは、作成者以外の人が司会を行い、公式な記録と分析を行うレビュー手法である。
ウォークスルーとは、開発者がメインでPGのステップ毎にシミュレーションを行いながら確認するレビュー技法である。
パスアラウンドとは、電子メールなどでレビュアに対象資料を送ってフィードバックをしてもらうレビュー技法である。

ペアプログラミングとは、二人一組で開発を行う開発手法である。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ