「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問32」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問32

イーサネットで使用されるメディアアクセス制御方式であるCSMA/CDに関する記述として、適切なものはどれか。

ア:それぞれのステーションがキャリア検知を行うとともに、送信データの衝突が起きた場合は再送する。
イ:タイムスロットと呼ばれる単位で分割して、同一周波数において複数の通信を可能にする。
ウ:データ送受信の開始時にデータ送受信のネゴシエーションとしてRTC/CTS方式を用い、受信の確認はACKを使用する。
エ:伝送路上にトークンを巡回させ、トークンを受け取った端末だけがデータを送信できる。

解説

CSMA/CDのCDはコリジョンディテクションである。つまり衝突検知である。
CSMAは搬送波感知多重アクセスという意味らしいが意味分からん。まぁ多重にアクセスが来るのだろう。

要は、多重にアクセスがあるから衝突する可能性がある、だからそれを検知して再送する仕組みを作るね、という話である。

正解はア

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ