「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問28」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問28

RDBMSのロックに関する記述のうち、適切なものはどれか。
ここで、X,Yはトランザクションとする。

ア:XがA表内の特定行aに対して共有ロックを獲得しているときは、YはA表内の別の特定行bに対して専有ロックを獲得することができない。
イ:XがA表内の特定行aに対して共有ロックを獲得しているときは、YはA表に対して専有ロックを獲得することができない。
ウ:XがA表に対して共有ロックを獲得しているときでも、YはA表に対して専有ロックを獲得することができる。
エ:XがA表に対して専有ロックを獲得しているときでも、YはA表内の特定行aに対して専有ロックを獲得することができる。

解説

登場するのは「XとY」であり、それに纏わる表A表についての話である。

選択肢ア:XがA表の一部を皆で使える状態にしているとき、YはA表の他の一部を自分一人で使うことはできない。
→間違い。ロックされていない所ならば、Yは専有しても良い。

選択肢イ:XがA表の一部を皆で使える状態にしているとき、YはA表の全てを自分一人で使うことはできない。
→正しい。

選択肢ウ:XがA表を皆で使える状態にしているとき、YはA表の全てを自分一人で使うことができる。
→間違い。

選択肢エ:XがA表を自分一人で使える状態にしているとき、YはA表の一部を自分一人で使うことができる。
→間違い

単純に前者が宣言した通りに、後者が動けているかを考えれば解ける。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ