「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問27」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問27

図のような関係データベースの”注文”表と”注文明細”表がある。
“注文”表の行を削除すると、対応する”注文明細”表の行が、自動的に削除されるようにしたい。

SQL文のON DELETE句に指定する語句はどれか。
ここで、図中の実線の下線は主キーを、破線の下線は外部キーを表す。

ア:CASCADE
イ:INTERSECT
ウ:RESTRICT
エ:UNIQUE

解説

CASCADEとは、主体が削除・更新されると従属するものも同時に削除・更新されるというもの。
和訳すると、階段状に連続する滝。

INTERSECTとは、両方に共通する行だけを抽出するもの。
和訳すると、交差。交差させて重なる部分だけが該当する、とかそういう繋がりだろうか。

RESTRICTとは、参照制約性を損なう削除や更新処理に対して、それを禁止すること。
和訳すると、制限。

UNIQUEとは、表内の特定のまとまりについて一意であること。
和訳すると、唯一。

正解はア

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ