「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問18」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問18

ページング方式の仮想記憶において、
主記憶に存在しないページをアクセスした場合の処理や状態の順番として、
適切なものはどれか。

ここで、現在主記憶には、空きページはないものとする。

ア:置換え対象ページの決定→ページイン→ページフォールト→ページアウト
イ:置換え対象ページの決定→ページフォールト→ページアウト→ページイン
ウ:ページフォールト→置換え対象ページの決定→ページアウト→ページイン
エ:ページフォールト→置換え対象ページの決定→ページイン→ページアウト

解説

ページフォールトとは、対象が主記憶に存在しない状態である。
ページアウトとは、ページを主記憶から仮想記憶に移すことである。
ページインとは、仮想記憶から主記憶に移すことである。

ページフォールトだけ、動作ではなく状態を表すのが何とも不思議な所である。

主記憶と仮想記憶というものがあり、主記憶に仮想記憶のデータを持ってくる、という話である。
だが、現在主記憶には空きがない。なので、主記憶の何かのデータを仮想記憶に移動して、必要なデータを仮想記憶から主記憶に持ってくる必要がある。

なので順序としては、ページフォールトが最初である。対象データが主記憶にない、という事に気付くのが最初である。

次の主記憶のどの場所のを移動対象にするかを決定し、いらないデータを仮想記憶に移動し、必要なデータを主記憶に移動する、という順序になる。

よって、正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ