「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問16」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問16

システムの信頼性向上技術に関す記述のうち、適切なものはどれか。

ア:故障が発生したときに、あらかじめ指定された安全な状態にシステムを保つことをフェールソフトという。
イ:故障が発生したときに、あらかじめ指定されている縮小した範囲のサービスを提供することをフォールトマスキングという。
ウ:故障が発生したときに、その影響が誤りとなって外部に出ないように訂正することをフェールセーフという。
エ:故障が発生したときに対処するのではなく、品質管理などを通じてシステム構成要素を信頼性を高めることをフォールトアボイダンスという。

解説

フェールソフトとは、能力が下がってもいいから持続すること。ソフト、つまりはソフトウェアを第一にする考えだと勝手に考えている。ソフトが生きることを第一に考えるから、多少能力は下がっても持続させる。

フェールセーフとは、故障が起こった時に安全第一な状態にすること。信号機が故障した時は全部赤信号にするなど。

フォールトマスキングとは、情報の外部流出回避である。マスキングとは、マスキングテープとかのアレで、何かを隠すものに使う奴である。故に、フォールトマスキングは、失敗した時に隠すための考えである。

フォールトアボイダンスとは、故障した時ではなく、それ以外の品質管理などで信頼性を高めること。
avoidanceが忌避とか逃避という意味なので、「故障そのものを避ける」ということなのかもしれない。

という訳で、説明に即している選択肢はエ。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ