「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問15」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問15

1件のデータを処理する際に、
読取りには40ミリ秒、
CPU処理には30ミリ秒、
書き込みには50ミリ秒
掛かるプログラムがある。

このプログラムで、
n件目の書込みと並行してn+1件目のCPU処理とn+2件目の読取り
を実行すると、1分当たりの最大データ処理件数は幾つか。
ここで、OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。

ア:500
イ:666
ウ:750
エ:1200

解説

この問題だと複数のデータを並列に処理して高速化しているような記述に見えてしまうが、実際の所、そうではない。

結局の所、書込みには50ミリ秒掛かってしまい、これがボトルネックになってしまうので、並行して処理した所で書込みのミリ秒に処理件数は依存してしまう。

つまり1分÷50ミリ秒=1200件となる。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ