「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問14」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問14

キャパシティプランニングの目的の一つに関する記述のうち、
最も適切なものはどれか。

ア:応答時間に最も影響があるボトルネックだけに着目して、適切な変更を行うことによって、そのボトルネックの影響を低減又は排除することである。
イ:システムの現在の応答時間を調査し、長期的に監視することによって、将来を含めて応答時間を維持することである。
ウ:ソフトウェアとハードウェアをチューニングして、現状の処理能力を最大限に引き出して、スループットを向上させることである。
エ:パフォーマンスの問題はリソースの過剰使用によって発生するので、特定のリソースの有効利用を向上させることである。

解説

キャパシティプランニングの
・目的は、将来を含めて応答時間を維持すること
・手段は、現行システムをモニタリングして処理能力を把握し、予測して、対策する。
・モニタリング対象はCPUの性能、回線の速度など

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ