「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問13」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問13

システムの性能を向上させるための方法として、
スケールアウトが適しているシステムはどれか。

ア:一連の大きな処理を一括して実行しなければならないので並列処理が困難な処理が中心のシステム
イ:参照系のトランザクションが多いので、複数のサーバで分散処理を行っているシステム
ウ:データを追加するトランザクションが多いので、データの整合性を取るためのオーバヘッドを小さくしなければならないシステム
エ:同一のマスタデータベースがシステム内に複数配置されているので、マスタを更新する際にはデータベース間で整合性を保持しなければならないシステム

解説

スケールアップとスケールアウトの違いが理解できていれば大丈夫な問題。

スケールアップは能力アップである。特定のサーバの性能を上げたりする。
スケールアウトは仲間を増やすことである。接続サーバの台数を増やし。

アウトという言葉は日本人には外側とか駄目とか、そういう意味合いに感じるけれど、きっと英語的な意味では、拡張とかそういう意味があるのだろう。

でスケールアウトは仲間を増やす、サーバを増やすので、適しているシステムは「複数のサーバで分散処理を行っているシステム」であるイである。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ