「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問6」

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問6

先頭ポインタと末尾ポインタをもち、
多くのデータがポインタでつながった単方向の線形リスト処理のうち、
先頭ポインタ、末尾ポインタ又は各データのポインタをたどる回数が最も多いものはどれか。

ここで、単方向のリストは先頭ポインタからつながっているものとし、
追加するデータはポインタをたどらなくても参照できるものとする。

ア:先頭にデータを追加する処理
イ:先頭のデータを削除する処理
ウ:末尾のデータを追加する処理
エ:末尾のデータを削除する処理

解説

この問題の肝は、「単方向」「追加するデータはポインタをたどらなくても参照できる」ということである。

つまり、追加はたどる回数が圧倒的に少ないのである。よって選択肢は削除の処理に絞られる。

先頭のデータを削除するのと、末尾のデータを削除するのはどちらがポインタをたどる回数が少ないだろうか?

ここで出てくるのが「単方向」という言葉である。つまり先頭から始まり、末尾で終わるという方向性の変更ができないのである。末尾を参照したい場合は、先頭からたどらなくてはいけないのである。

よって、一番ポインタをたどる回数が多いのは、エの末尾削除である。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ