「応用情報技術者試験/令和元年秋期午前問4」教師なし学習

問題

出典:応用情報技術者令和元年秋期午前問4

AIの機械学習における教師なし学習で用いられる手法として、
最も適切なものはどれか。

ア:幾つかのグループに分かれている既存データ間に分離境界を定め、新たなデータがどのグループに属するかはその分離境界によって判別するパターン認識手法
イ:数式で解を求めるのが難しい場合に、乱数を使って疑似データを作り、数値計算をすることによって解を推定するモンテカルロ法
ウ:データ同士の類似度を定義し、その定義した類似度に従って似たもの同士は同じグループに入るようにデータをグループ化するクラスタリング
エ:プロットされた時系列データに対して、曲線の当てはめを行い、得られた近似曲線によってデータの補完や未来予測を行う回帰分析

解説

始めから正解が用意されているのが、教師あり学習。
「正解が別段用意されていない」かつ「クラスタリングなど」が、教師なし学習。
「正解が別段用意されていない」かつ「最良の行動の学習」が、強化学習

この考えで選択肢を精査する。

アは「既存データに対して新しいデータがどのグループに属するか?」という話であり、既存データという正解があるから、教師あり学習

イは「正解が別段用意されていない」が解を推定するというモンテカルロ法は強化学習である。解という最良の行動を学習するからだと思われる。

ウは「正解が別段用意されていない」かつ「クラスタリング」なので教師なし学習である。これが正解。

エは「プロットされた時系列データ」という正解があり、それを軸に分析を行うので、教師あり学習

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ