「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問79」ソフトウェア開発と下請事業者

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問79

ソフトウェア開発を下請事業者に委託する場合、
下請代金支払遅延等防止法に照らして、
禁止されている行為はどれか。

ア:継続的な取引が行われているので、支払条件、支払期日等を記載した書面をあらかじめ交付し、個々の発注書面にはその事項の記載を省略する。
イ:顧客が求める仕様が確定していなかったので、発注の際に、下請事業者に仕様が未記載の書面を交付し、仕様が確定した時点では、内容を書面ではなく口頭で伝えた。
ウ:顧客の都合で仕様変更の必要が生じたので、下請事業者と協議の上、発生する費用の増加分を下請代金に加算することによって仕様変更に応じてもらう。
エ:振込手数料を下請事業者が負担する旨を発注前に書面で合意したので、親事業者が負担した実費の範囲内で振込手数料を差し引いて下請代金を支払う。

解説

答えをあらかじめ知識として知っていなくても、そこまで問題ない問題である。

単純に一番不平等だと思う選択肢はどれか、という話である。
そう考えるとイが一番不平等ではないだろうか。

「仕様が決まっていないから未記載の書面を出し、仕様が確定したら口頭で伝える」というのは、仕様という、開発作業の重大部分当たる事柄を書面に書かずに口頭で伝えるという事であり、それはつまり水掛け論に持ち込むことができるのである。

仕様という、ちょっとの変化でも膨大な作業量が発生する物事を、口先だけの適当な内容で仕事をするのはリスキー極まりないのである。依頼者が言い間違いや伝え方の失敗や理解不足をしていたとしても「そんなことは言っていない」の一点張りで仕様変更を余儀なくされたら、下請としてはたまったものではないだろう。そういうものを禁止するのである。

よって正解はイ。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ