「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問77」標準原価計算

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問77

図に示す標準原価計算の手続きについて、a~cに該当する適切な組み合わせはどれか。

解説

原価には少なくとも2種類ある。
標準原価と実際原価である。

標準原価とは、過去データによる統計などによって計算された原価のことである。つまりは予測された原価である。
実際原価とは、実際に掛かった原価のことである。つまりは現実としての原価である。

この図の手続きというのは「予想した値と実際の値の差額を計算して、どうしてその差額が発生したのか分析して報告する」ものなのである。

よって、そのフローに当てはまるのはイとなる。

原価標準の設定(1個辺りの標準原価を設定する)

標準原価の計算(予測の原価を計算する)

実際原価の計算(実際の原価を計算する)

標準原価差額の計算(予測と実際の差額を計算する)

原価差異分析(何故その差額が発生したのか分析する。)

原価報告

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ