「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問76」事業計画案と売上

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問76

表の事業計画案に対して、
新規設備投資を伴う減価償却率(固定費)の増加1000万円を織り込み、
かつ、
売上総利益を3000万円とするようにしたい。

変動費率に変化がないとすると、売上高の増加を何万円にすればよいか。

ア:2000
イ:3000
ウ:4000
エ:5000

解説

この問題で問題になるのは「変動費と変動費率」である。
他の要素は深く考えずに簡単な計算するだけで良い。

まず、単純に考える。
固定費は8000万円から1000万円増額して、9000万円になる。
現在は変動費について深く考えないで、据え置き10000円とする。
そうすると合計で19000万円になる。
売上高は20000万円なので、これだと売上総利益は1000万円にしかならない。
これでは「売上総利益3000万円」に届かないので、足りない売上高は2000万円だ。
となる。

いや、ならない。この答えでは間違っているのである。
何故ならば、「変動費という要素は変動する」のである。だって変動という文字が含まれているのだから。

つまり上記の思考だと「変動費の変動」という要素について考慮できていないので正解にたどり着かないのである。

では、変動費は何に依存して変動するのか?どのような計算式で変動させればよいのか?という話になる。

変動費というのは売上高に依存するのである。
変動費というのは売上を出すために発生する諸々の費用だからである。

今現在は、売上高と変動費が分かっている。つまりその値段の割合が分かっている訳である。
これを変動費率と呼ぶ。

変動費率は「変動費÷売上高」で算出できる。
今回の場合は、変動費が10000万円で売上高が20000万円であるから、変動費率は0.5である。

増えた売上に対して増える変動費を考慮して、売上総利益が3000万円になるようにしなければいけない。というのが今回の問題の肝である。

公式としては「売上総利益=売上高ー変動費ー固定費」となる。
その公式で以下に計算を行っていく。
(aは売上高であり、変動費は「売上高×変動費率」である)
3000=aー0.5aー9000
3000=ー0.5aー9000
12000=ー0.5a
a=24000
となる。

よって答えは24000万円の売上高があれば良いウとなる。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ