「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問75」発注問題

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問

定量発注方式における経済的発注量を計算したところ、600個であった。
発注から納入までの調達期間は5日であり、安全在庫量が30個である場合、この購買品目の発注点は何個か。
ここで、1日の平均消費量は50個であるとする。

ア:220
イ:250
ウ:280
エ:300

解説

最初の1行がまるで意味わからん。なくても解けると思う。
経済的発注量とは「発注費と保管費の合計が最低になる量」のことである。

たくさん発注すれば業者は「大量購入価格」として安くしてくれるだろうが、それだと自社に大量の在庫を保管しなくてはならないから、場所の邪魔だし保管費も膨れ上がる。

かと言って、保管費を安く済まそうとして少しずつ発注を行うと、今度は業者からの購入価格が高くなってしまう。基本的に物の購入は小分けにするほど高くつくのである。

で、そんな経済的発注量なんて用語はこの問題を解くのには全く関係がないようである。

単純に、
・調達期間は5日かかる
・30個は自社に持っておくのが安全である
・1日に50個消費する
という話で、安全である為には在庫が何個になった時点で発注すればいいの?という問題である。ただの算数である。

安全在庫は30個、調達期間には5日掛かるからその間に消費する量は250個。それを足して280個の時点が発注点である。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ