「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問74」故障発生件数で上位を占める主な要因の図

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問74

発生した故障について、発生要因ごとの件数の記録を基に、故障発生件数で上位を占める主な要因を明確に表現するのに適している図法はどれか。

ア:特性要因図
イ:パレート図
ウ:マトリックス図
エ:連関図

解説

パレート図とは、「大きい順の棒グラフ」と「累積構成比を表す折れ線グラフ」が一緒に記載されているグラフである。

「大きい順の棒グラフ」は左から右に行くに従って小さくなる。
「累積構成比を表す折れ線グラフ」は左から右に行くに従って大きくなる。

「発生した故障について、故障発生件数で上位を占める主な要因」という記述からパレート図が適していると判断できる。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ