「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問61」プログラムマネジメント

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問61

事業目標達成のためのプログラムマネジメントの考え方として、適切なものはどれか。

ア:活動全体を複数のプロジェクトの結合体と捉え、
複数のプロジェクトの連携、統合、相互作用を通じて価値を高め、
組織全体の戦略の実現を図る。

イ:個々のプロジェクト管理を更に細分化することによって、
プロジェクトに必要な技術や確保すべき経営資源の明確化を図る。

ウ:システムの開発に使用するプログラム言語や開発手法を早期に検討することによって、
開発リスクを低減し、投資効果の最大化を図る。

エ:リスクを最小化するように支援する専門組織を設けることによって、
組織全体のプロジェクトマネジメントの能力と品質の向上を図る。

解説

プログラムマネジメントとは、
活動全体を複数のプロジェクトの結合体と捉え、
複数のプロジェクトの連携、統合、相互作用を通じて価値を高め、
組織全体の戦略の実現を図ること。

よって、正解はア

「プログラム」という名称が付いているのに、「複数のプロジェクトを管理する」という行為になるのかは謎。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ