「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問57」システム監査

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問57

システム開発委託先(受託者)から委託元(委託者)に納品される成果物に対する
ユーザ受け入れテストの適切性を確かめるためのシステム監査の要点はどれか。

ア:委託者が作成したユーザ受け入れテスト計画書に従って、受託者が成果物に対してユーザ受け入れテストを実施していること

イ:受託者が成果物と一緒にユーザ受入テスト計画書を納品していること

ウ:受託者から納品された成果物に対して、委託者が要件定義に基づきユーザ受入テストを実施していること

エ:受託者から納品された成果物に対して、監査人がユーザ受入テスト計画を策定していること。

解説

受入テストにおいて重要なのは、「委託元が作成し、委託元が実施する」ということである。

受託者がそれを担うと、不都合な部分を誤魔化してしまう可能性が否めないから。進捗遅れやバグの発見などで納期に間に合わず、適当なテスト計画書とエビデンスを提出されることを危惧するならば、「委託元が作成し、委託元が実施する」のが正しい。

よってウが正解

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ