「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問56」バックアップ

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問

次の処理条件で磁気ディスクに保存されているファイルを磁気テープにバックアップするとき、
バックアップの運用に必要な磁気テープは最小で何本か。

〔処理条件〕

(1):毎月初日(1日)にフルバックアップを取る。
フルバックアップは1本の磁気テープに1回分を記録する。

(2):フルバックアップを取った翌日から次のフルバックアップを取るまでは、毎日、差分バックアップを取る。
差分バックアップは、差分バックアップ用としてフルバックアップとは別の磁気テープに追記録し、1本に1ヶ月分を記録する。

(3):常に6ヶ月前の同一日までのデータについて、指定日の状態にファイルを復元できるようにする。
ただし、6ヶ月前の月に同一日が存在しない場合は、当該月の末日までのデータについて、指定日の状態にファイルを復元できるようにする。
(例:本日が10月31日の場合は、4月30日までのデータについて、指定日の状態にファイルを復元できるようにする。)

ア:12
イ:13
ウ:14
エ:15

解説

整理を行う。

〔一ヶ月に必要な本数〕
毎月初日にフルバックアップで1本使用。
ほぼ毎日、差分バックアップで1本使用。
合計2本

〔データの保持期間〕
6ヶ月前の同一日までのデータについて保持する。
これが引っ掛けっぽいなぁ、と思う次第だが、当月のデータと過去6ヶ月分のデータを保持するので、合計で7ヶ月分のデータを保持するということになる。

つまり2本×7ヶ月で14が正解。
これ、6ヶ月前って言われちゃうと、6ヶ月で掛け算して12って答えを出してしまいそうである。引っ掛けっぽい問題である。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ