「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問55」コールドスタンバイ

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問55

ITIL 2011 editionによれば、
ITサービス継続性管理における復旧オプションのうち、
段階的復旧(コールド・スタンバイ)はどれか。

ア:遠隔地のデータセンタに機器を設置できる場所を確保しておき、災害時にはコンピュータ機器を設置し、ソフトウェアのセットアップやデータの復元を行って、ITサービスを復旧させる。

イ:遠隔地のデータセンタに本稼働システムと同一の機器を準備するとともに、本稼働システムのデータをバックアップしておき、災害時にはその遠隔地のデータセンタに切り替えてITサービスを復旧させる。

ウ:災害時のIT資源の相互利用について他の組織と合意しておき、災害時には他の組織のIT資源を利用してITサービスを復旧させる。

エ:同時に被災する可能性がほとんどない複数のデータセンタにシステムを分散して稼働させることによって、一部のデータセンタが被災しても顧客に対するサービスの深刻な停止を引き起こすことなく、ITサービスを即時に復旧させる。

解説

用語解説。

コールドスタンバイとは、場所だけを確保しておき、障害が起こったらそこに機器とデータを導入して業務を引き継ぐ。

ウォームスタンバイとは、場所と機器だけを確保しておき、障害が起こったらそこにデータを導入して業務を引き継ぐ。(障害前の機器準備は部分的な場合があるので、その時は障害発生時に追加で導入する)

ホットスタンバイとは、本番システムと同様のものを稼働させておき、障害が起こったらすぐに業務を引き継ぐ。

選択肢からコールドスタンバイの定義に合致しているのはアとなる。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ