「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問53」アローダイアグラム

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問53

図のアローダイアグラムから読み取れることとして、適切なものはどれか。
ここで、プロジェクトの開始日を1日目とする。

ア:作業Cを最も早く開始できるのは6日目である。
イ:作業Dはクリティカルパス上の作業である。
ウ:作業Eの総余裕日数は30日である。
エ:作業Fを最も遅く開始できるのは11日目である。

解説

まずは全てのルートを整理する。

1.A(5)→C(20)→G(20)→H(10) 合計:55
2・A(5)→D(30)→H(10) 合計:45
3.A(5)→E(10)→H(10) 合計:25
4.B(10)→C(20)→G(20)→H(10) 合計:60
5.B(10)→D(30)→H(10) 合計:50
6.B(10)→E(10)→H(10) 合計:30
7.B(10)→F(10)→H(10) 合計:30

全部で7ルートある。尚、ダミー作業は考慮していない。

選択肢をそれぞれ精査していく。

ア:作業Cを最も早く開始できるのは6日目である。
→間違い。Aの作業だけを考慮すれば正しいが、CはBの作業が完了していないと開始できない。(ダミー作業)よってCが開始できるのは11日目からである。

イ:作業Dはクリティカルパス上の作業である。
→上記のルート整理によって、一番短いルートは3番の25日であることが分かっている。
そのルートにDは含まれていない。よって間違い。

ウ:作業Eの総余裕日数は30日である。
→作業Eは作業Hを開始するためのダミー作業である。
作業Hを開始するための作業としては、
GとDがある。
この二つがEの起点である箇所から何日掛けて終わるかを考える。
C→Gは40日であり、Dは30日である。そしてEは10日で終わる。
一番長いのは40日であり、一番短いEは10日、その差分は30日。
つまり総余裕日数は30日なので、ウは正しい。

エ:作業Fを最も遅く開始できるのは11日目である。
→間違い。一番開始できるのは11日目である。
作業Fは作業Eと同様に総余裕日数が大量にあるので、遅く開始できるのは、30日プラス11日で41日目である。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ