「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問51」実行プロセス群

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問51

JIS Q 21500:2018(プロジェクトマネジメントの手引)によれば、
プロジェクトマネジメントの”実行のプロセス群”の説明はどれか。

ア:プロジェクトの計画に照らしてプロジェクトパフォーマンスを監視し、測定し、管理するために使用する。

イ:プロジェクトフェーズ又はプロジェクトが完了したことを正式に確定するために使用し、必要に応じて考慮し、実行するように得た教訓を提供するために使用する。

ウ:プロジェクトフェーズ又はプロジェクトを開始するために使用し、プロジェクトフェーズ又はプロジェクトの目標を定義し、プロジェクトマネージャがプロジェクト作業を進める許可を得るために使用する。

エ:プロジェクトマネジメントの活動を遂行し、プロジェクトの全体計画に従ってプロジェクトの成果物の提示を支援するために使用する。

解説

実行のプロセス群とは、要員と資源の調整、アクティビティの統合を行い実行するものである。

選択肢から精査するならば、
アは、「監視、測定、管理」というキーワード。
イは、「完了したことを正式に確定、得た教訓を提供」というキーワード。
ウは、「開始するため、目標を定義、作業を進める許可」というキーワード。
エは、「活動を遂行、成果物の提示を支援」というキーワード。
が浮かび上がる。

アは管理の話であり、イは終わった後の話である。
ならば正解はウかエである。

ウは開始前の話である。エは実行中の話である。エに支援というキーワードがあるので惑わされるかもしれないが、実行中の支援に使用するものなので、エが実行のプロセス群として正解になる。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ