「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問50」要求事項評価の基準

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問50

ソフトウェアライフサイクルプロセスのうちの、システム要求事項分析プロセスにおける要求事項評価の基準はどれか。

ア:システム要求事項のテスト網羅性
イ:システム要求事項への追跡可能性
ウ:取得ニーズとの一貫性
エ:使用されたテスト方法及び作業標準の適切性

解説

「システム要求事項分析プロセスにおける要求事項評価の基準」とは何だろうか?

システム要求事項分析プロセスとは、言ってしまえば要件定義フェーズのことだろう。
で、それにおける要求事項評価の基準である。

要件定義において、要求事項を評価する基準は何?という話だろう。

その考えで選択肢を眺めると、ア、エは違うことが分かる。
これらはテストについて述べている記述だからだ。
テストについて要件定義プロセスで考えることはしない。

よってイかウになる。そしてここから先を知識なしで解くのは難しいかもしれない。

イのシステム要求事項への追跡可能性とは、システム方式の評価の基準である。
ウの取得ニーズとの一貫性が要求事項の評価の基準である。

知識なしで推測を行うのならば、ウは要件定義についてしっかり定まっているか?という観点だが、イは定めた要件定義を追跡できるか?という観点なので要件定義を決定する段階の話ではない、という事になう。

よってウという解答が導き出せるかもしれない。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ