「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問48」保守の種類

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問48

オペレーティング・システムの更新によって、既存のアプリケーションソフトウェアが正常に動作しなくなることが判明したので、正常に動作するように修正した。この保守を何と呼ぶか。

ア:完全化保守
イ:是正保守
ウ:適応保守
エ:予防保守

用語解説

用語を知っているかどうかの問題なので、以下に解説を行う。

是正保守

是正保守は、受身の保守。ソフトウェアの引き渡し後に発見された問題の訂正を行うもの。

予防保守

予防保守は、能動の保守。引き渡し後のソフトウェア製品のバグを運用障害になる前に発見及び修正するもの。

適応保守

適応保守は、環境変化の保守。変化していく環境に適応するために行うソフトウェアの修正。環境とは例えばOSなど。

完全化保守

完全化保守は、改良の保守。使いやすくする、性能を向上させる目的でソフトウェアの修正を行うこと。より良くする。

解説

今回の問題はオペレーティング・システム(OS)の更新に伴う修正が必要、とのことなので、適応保守が正しい。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ