「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問47」フェールセーフ

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問47

フェールセーフの考えに基づいて設計したものはどれか。

ア:乾電池のプラスとマイナスを逆にすると、乾電池が装填できないようにする。

イ:交通管制システムが故障したときには、信号機に赤色が点灯するようにする。

ウ:ネットワークカードのコントローラを二重化しておき、片方のコントローラが故障しても運用できるようにする。

エ:ハードディスクにRAID1を採用して、MTBFで示される信頼性が向上するようにする。

解説

フェールセーフとは、文字通り、フェール(失敗)しても、セーフ(安全)であるように設計していることを表す。

選択肢から失敗と安全というキーワードで取捨選択すると、イとウが残る。
アはそもそも失敗しないための設計であるし、エは信頼性の話なので違う。

イとウは両方とも「失敗しても安全である仕組み」なので迷うと思う。

イとウの違いに着目するならば、イは故障した時は安全を確保する仕組み。
ウは、予備を容易しているので片方が故障しても続行できるような仕組みである。

イもウも故障した時の動きだが、イは安全確保を目的としており、ウは運用続行を目的をしている。

失敗した時に安全確保を目的としたものをフェールセーフと呼ぶ。
失敗した時に運用続行を目的としたものをフェールソフトと呼ぶ。

今回はフェールセーフを問われているので、正解はイ。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ