「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問46」データ中心分析設計技法

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問46

ソフトウェアの分析・設計技法の特徴のうち、データ中心分析・設計技法の特徴として、最も適切なものはどれか。

ア:機能を詳細化する過程で、モジュールの独立性が高くなるようにプログラムを分割していく。

イ:システムの開発後の仕様変更は、データ構造や手続の局所的な変更で対応可能なので、比較的容易に実現できる。

ウ:対象業務領域のモデル化に当たって、情報資源であるデータの構造に着目する。

エ:プログラムが最も効率よくアクセスできるようにデータ構造を設計する。

解説

データ中心分析・設計技法(データ中心アプローチ)とは、
業務で使われているデータを先に明確化し、それに従ってソフトウェアプログラムを導く技法のこと。

データ中心分析・設計技法の目的は「対象業務領域のモデル化」であり、そのために「情報資源であるデータ構造に着目する」ので、ウが正解

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ