「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問42」OSI基本参照モデル

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問42

VPNで使用されるセキュアなプロトコルであるIPsec、L2TP、TLSの、OSIの基本参照モデルにおける相対的な位置関係はどれか。

用語問題

用語問題なので、「IPsec、L2TP、TLS」がそれぞれ何であるかを知れば解答できる。

IPsec

IPsec(IP Security)とは、IPを拡張してセキュリティを高めたプロトコルである。

・改ざんの検知
・通信データの暗号化
・送信元の認証
などの機能を提供する。

OSI基本参照モデルではネットワーク層(第3層)での提供となる。

L2TP

L2TP(Layer 2 Tunnering Protocol)とは、フレームを公衆ネットワーク上で伝達可能にするプロトコル。
フレームをカプセル化し、UDP及びIPデータグラムに埋め込むことで実現する。

OSI基本参照モデルのデータリンク層(第2層)で動作する。

TLS

TLS(Transport Layer Security)とは、統合セキュアプロトコルである。

・通信の暗号化
・ディジタル証明書を利用した改ざん検出
・ノード認証
などを機能を提供する。

OSI基本参照モデルのトランスポート層(第4層)で動作する。

解説

TLS=トランスポート層(第4層)
IPsec=ネットワーク層(第3層)
L2TP=データリンク層(第2層)

という並びになるので、Cのウが正解

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ