「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問41」フォールスネガティブ

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問41

マルウェア対策ソフトでのフォールスネガティブに該当するものはどれか。

ア:マルウェアに感染していないファイルを、マルウェアに感染していないと判断する。

イ:マルウェアに感染していないファイルを、マルウェアに感染していると判断する。

ウ:マルウェアに感染しているファイルを、マルウェアに感染していないと判断する。

エ:マルウェアに感染しているファイルを、マルウェアに感染していると判断する。

解説

問題文にある通り、4パターンの判定がある。

4パターンあると言っても、その全部が判定として間違っている訳ではない。
「マルウェアに感染していないファイルを、マルウェアに感染していないと判断する」ということは正しい判定である。
「マルウェアに感染しているファイルを、マルウェアに感染していると判断する」ということも正しい判定である。

この二つはマルウェア対策ソフトとして正しい判定をしているので、特筆する事はない。

問題は残り二つである。この二つは誤判定である。
「感染しているのに、感染していないと判定する」ものと、「感染していないのに、感染していると判定する」ものは誤判定である。

この二つで「感染していない!」と誤判定してしまうのが、フォールスネガティブである。
フォールスは誤りであり、ネガティブは否定である。誤って「感染はない!」と判定するのがフォールスネガティブである。

その逆に誤って「感染している!」と判定するのがフォールスポジティブである。

どっちも面倒であるが、フォールスネガティブはコンピュータにダメージを及ぼしてしまうし、フォールスポジティブは、操作する人に余計に手間取らせてしまう。

正解はウ。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ